機能性表示食品のダイエットサプリ対決!シボヘールVSシボガード

機能性表示食品のダイエットサプリ対決!シボヘールVSシボガード

 

シボヘールとシボガード、なんだか不思議なネーミングですね。
この2つは株式会社ハーブ健康本舗から発売されており、ほかにもユニークなネーミングの健康食品がたくさんあります。
シボヘールは「脂肪が減る」、シボガードは「脂肪からガードする」と覚えれば効果もわかりやすいですよ。
この2つの商品で迷っている人のために、効果や飲み方を比較してみましたので、どちらがご自分に合っているのか参考にしてみてください。

 

 

1.シボヘールとシボガードの効果の違いとは?

 

シボヘールは「脂肪が減る」、シボガードは「脂肪からガードする」とご紹介しましたが、具体的にどんな効果があるのか詳しく見てみましょう。
両方とも機能性表示食品なので、臨床試験などで効果が実証されていますよ。

 

シボヘールはお腹の脂肪を減らす

 

シボヘールは、葛(くず)の花由来のイソフラボンが配合されています。
その効果は、身体の中に蓄積される脂肪の合成を抑えたり、脂肪を分解させたり燃焼を促してくれるものです。
年齢を重ねると代謝が落ちてやせにくくなるだけではなく、お腹周りにお肉がついてしまうのがイヤですよね。
シボヘールを摂取し続けた臨床試験の結果、12週間で20cu分の脂肪が減少したそうですよ。
内臓脂肪8cuだけでも、ピンポン玉7個分の体積が減ったことになるので、どれだけ脂肪が減ったのかがわかりますね。
さらに、ウエストは0.9cm減、体重も1.2kg減ったそうですので、ダイエットの結果としては大成功でしょう。

 

シボガードは中性脂肪を抑える

 

シボガードは、東南アジアに生育しているターミナルベリリカという木の実由来のポリフェノールが配合されています。
この成分には、体内で脂肪が分解されるのを阻害する働きがあるのです。
シボガードを飲むことで、食事による脂肪の吸収を抑えて、食後に中性脂肪が上昇するのを抑える効果があります。
臨床試験によると、食後の中性脂肪の上昇を40%抑え、血中の中性脂肪を53%も抑えたという結果が出ています。
最近流行りの糖質制限ダイエットや食べる順番ダイエットなどは、こういった中性脂肪の上昇や吸収を抑えるためでもあります。シボガードは食前に飲むだけで、同じような効果が期待できるのです。
社会人だと飲み会や食事会は定期的にありますし、ダイエット中でも脂っこいものを食べるのを我慢するのは難しいですよね。
シボガードは、飲み会を断ったり食べるのを我慢しなくてもいい、うれしいサプリなのです。

 

2.効果に合わせて飲み方も変わる!効果的な飲み方とは?

 

シボヘールとシボガードは、同じ会社で開発製造されているので、価格や容量などはほとんど変わりません。
定期便は毎回お得に購入できますし、初回限定価格は980円なので特にお得です。
いつでも変更や停止ができますので、試してみたいだけの人でもまずは定期便がおすすめですよ。
ただ、シボヘールとシボガードでは機能や効果が異なりますので、飲み方には少し注意してください。

 

シボヘールは1日4粒根気よく続ける

 

・内容量:300mg×120粒(約1ヶ月分)
・通常価格:3,218円(税込)*1日分約107円
・初回限定価格:980円(税込)*1日分約32円
・定期便通常価格:2,808円(税込)*1日分約93円
・効果的な飲み方:1日4粒を一度に飲み、3ヶ月以上長期的に継続することで効果を実感できます。

 

シボガードは4粒を食事の前に飲む

 

・内容量:250mg×120粒(約1ヶ月分)
・通常価格:2,970円(税込)*1日分約99円
・初回限定価格:980円(税込)*1日分約32円
・定期便通常価格:2,592円(税込)*1日分約87円
・効果的な飲み方:1回4粒を食前に飲むのが効果的です。食後の中性脂肪を抑える効果があるので、脂っこい食事をする際には忘れずに飲むようにしましょう。

 

3.迷ったときは利用者の声を聞く!口コミや評判は?

 

サプリを選ぶ時に気になるのは、「本当に効果があるかどうか」。
その答えは、実際に使った人に聞くのが一番です。
ネット上の意見をまとめてみましたが、どこまで真実か見極めるのは難しいもの。
すべてを鵜呑みにはできませんが、選ぶ時の参考にしてみましょう。

 

シボヘールは効果あり・変化なし・効果なしの3パターン

 

・1ヶ月目は変化なかったけど、3ヶ月続けた結果3kgの減量に成功!
もっとも信頼できるのがこういった経過と結果を示してくれる口コミです。
特に、始める前と1ヶ月後〜3ヶ月後の体重やウエストの増減を載せてくれるブログなどは、変化がわかりやすいです。
シボヘールは臨床試験の結果でも、8週間後と12週間後の数値を載せています。
つまり、2ヶ月〜3ヶ月くらいは続けないと効果がわかりにくいのです。
体重だけではなく体脂肪や内臓脂肪も減少している人が多いので、シボヘールは長期的に継続することで効果が表れるのがよくわかります。

 

・1ヶ月続けたけど効果がないので飲むのをやめました。
数として多いのが、こういった短期間で答えを出す人の口コミです。
シボヘールは、長期的に続けることで効果が出てくるので、1ヶ月や数週間、ましてや数日ではその効果を感じられません。

 

・3ヶ月飲み続けたけど全然効果がない。
たまに見かけるのが、まったく効果がなく、逆に便秘などで体調が悪くなったという口コミ。
サプリにも相性がありますので、残念ながら効果が出ないという人もいます。
まずは、3ヶ月飲んでみて効果があるかどうか、体質が合うかどうか判断するしかないのかもしれません。

 

シボガードは口コミが集まりにくい

 

シボガードは、ついてしまった脂肪を落とすというよりも、食事による脂肪を吸収させないという効果があります。
そのため、「シボガードを飲んでこれだけやせた」という効果を感じにくいので、具体的な口コミは集まりにくいですね。
でも、飲む前と飲み続けた後の中性脂肪を計測した人の結果を見ると、着実に減っているのがわかりますよ!
シボガードは、「やせる」ことよりも「これ以上太らない」という効果が期待できるので、「変化がない」というのはある意味効果があったということなのかもしれません。

 

4.シボヘールとシボガード、あなたに向いているのは?

 

シボヘールとシボガードは、期待できる効果が異なるので、どちらを選べばいいかは決めやすいかもしれません。
あなたの希望に合ったほうを選んでみてください。

 

シボヘールが向いているのはこんな人

 

・毎日飲み続けて少しずつ体質改善してやせたい人
・お腹周りの脂肪がなかなか減らない人
・今ある脂肪を減らしたい人

 

シボガードが向いているのはこんな人

 

・脂っこい食事が好きで我慢したくない人
・食事制限はしたくないけどこれ以上太りたくない人
・中性脂肪を減らして健康になりたい人

 

すでについた脂肪を減らすか、これ以上増やさないようにするか

 

シボヘールとシボガードの違いは、脂肪を「減らす」か「増やさない」かということだと思います。
できれば両方同時に進めたいですが、サプリを飲むだけですべてを期待するのはぜいたくですよね。
まずは、すでについてしまった脂肪を落とすためにシボヘールを使用し、ある程度落とせたら、それ以上脂肪を増やさずに維持できるようにシボガードを飲むのが理想かなと思います。
同時進行は難しいですが、段階を踏んで、その時に合ったものを選ぶのがいいのではないでしょうか。

関連ページ

シボヘール・スリムフォー・ヘラスリム!効果や価格、違いを徹底比較
サプリなどの健康食品は、期待できる効果をパッケージ等に表記できない」というのが一般的な常識ですが、そんなサプリや健康食品の中には、配合成分の効果の科学的根拠を示し、一定範囲の効果表記を認められている「機能性表示食品」というものがあります。 数あるダイエットサプリ・健康食品の中で、「脂肪を減らす」という趣旨の表記が認められている機能性表示食品として人気なのが、シボヘール・スリムフォー・ヘラスリムです。
葛の花イソフラボン配合サプリを比較!シボヘールと他はどう違うの?
今年の最新ダイエットのトレンドは【葛の花イソフラボン】!ファッションにも流行があるように、研究・開発が進んで美容・健康も毎年トレンドがあります。
機能性表示食品サプリ対決!シボヘールVSライザップのバイタルフローラ
シボヘール【機能性表示食品】でお腹の脂肪が減ったか効果を検証しました。内臓脂肪、皮下脂肪、ウエスト、体重を減らすのを助けてくれる口コミなども掲載